シアトル 後編 【Gizumo】

シアトル 後編です ギズモです。
今日はマニアックなので 興味のない方は飛ばしてくださいw




アメリカ ワシントン州 ボーイング・エバレット工場へ見学に行って来ました。
飛行機好きなのであります (・ω・`)コッショリ  内緒だよ




ここでは 主に 787(最新機種) 777-200、300(長いのw) 747-8(ジャンボ機)を作っているそうで
組み立てラインを見学できます。
しかし 1時間半 カメラ撮影禁止 手荷物持込禁止 飲食禁止 お手洗いも禁止となり
撮影は出来ません。
バスに乗り込み いざ工場へ!
地下道へ下り 端が見えないほどの大きな工場に驚き
エレベーターで上がり
飛行機だらけの世界へ!(あぁカメラが欲しい)




ボーイング




駐車場からは撮影可能(敷地が広すぎてほとんど見えませんが)
緑色の飛行機は傷がついてもわかりやすいよう塗装してあります。
後ろの建物が緑の塗装を落とし 最終塗装をする工場です。
黒い塗装の方が重量が重くなるらしく ダークな色を使っている飛行機会社ほどお金持ちらしい
(エミレーツは別です 注文台数ナンバーワンです)
今からテスト飛行へ!
テスト飛行は 上空でアクロバティックな飛行をしたり 途中でエンジンを切り またエンジンを着けるなど
(普通の人は失神しますね)
パイロットは空軍の熟練パイロットさん達みたいです。そりゃそうだよね~




ボーイング1




飛行機好きな方は行く機会があれば 是非!
すごいに尽きます




最終は 航空博物館 Museum of Flightへ
コンコルドやエアフォースワンなどが展示されています。




コンコルド




コンコルドの室内 狭い!ガラスがあって中までは入れませんが パイロット席も見れます。
いくら時間が半分だとしても この狭さでファースト料金より高かったら 普通の飛行機の方がいいね
危ないし…




エアーフォース1




ケネディ大統領も乗っていたエアフォースワン
キッチンが素敵だったのでキッチンの写真w




B29も展示されていたのですが なぜかラッピングでグルグル巻きに…




中も色々展示されているのですが
どうしても見たかった 第二次世界大戦の展示(歴史も大好きなので)
沖縄 知覧特攻平和会館 大津島回天記念館 大和ミュージアム  靖国神社遊就館など色々見てきましたが
アメリカで アメリカ側から見るのは初めてで




シアトル5




隼 はやぶさ




シアトル7




Goodyear FG-1D
見るからに 違う…
恐ろしかっただろうな…




シアトル6




シアトル4




日の丸が飾ってあったんだけど
まわり アメリカ人ばかりで
アメリカ人の目が気になって  早く撮らなくちゃと恐る恐る撮った一枚…(チキンめっ(´・д・`)




ちなみに 武運長久とは
武人としての命運が長く続くこと。
また、出征した兵がいつまでも無事なこと。
「武運」は戦いにおける勝敗の運。また、武人としての命運。




うん 戦勝国だ 悲しい資料館ではなかった。
もっと歴史を知りたくなりました。






マニアックな記事になってしまったので…
アンティークショップで買ってきた戦利品でもw




グラス1




グラス1個 10ドル フォーク1本 1ドル スプーン1本 35ドル!
薄くて 繊細なガラスが大好きです




グラス2




あっ 少しかけてる! 古いものだからしょうがない
フォーク この箱の中のカトラリーすべて1ドル!から選んできたんだけど 
セットものがなくバラバラだったから2本だけなんだけど 
買い占めてこればよかった… 私のバカ バカ!




ガラス




スパイスボトル 20ドル(スプーンが1番高い)




古いものは 見ていてあきないです。
大事に使おう




ちゃぶ台の丸い茶色は
黒塗りには熱いもの置いちゃダメなのに
アッチッチの急須置いちゃった跡…





ランキングにも参加してみました
気持ちいいツボを押す感じで ↓ ポチ ↓ お願いします
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

↓こちらのトラコミュに参加しています↓
トラコミュ
一眼レフカメラで撮る料理写真
トラコミュ
オウチごはんと器の写真
2015-07-04 : 過去記事 : コメント : 10 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
gizumoさんは多趣味だね~
こっち方面好きな女子ってあまり聞かないもの
珍しいよね
アメリカまで行って見たかったものはここだったのかー
すごいな~~~~

アンティークめちゃ安いね
このグラスその価格で買えるなんて信じられん
めっちゃ綺麗だね
2015-07-05 14:31 : ほ助 URL : 編集
ほ助さんへ
ほ助さん こんばんは^^

こんなマニアックな記事にコメントありがとうございますw
こっち方面は男子ですよね~…
きっと私 中身男子です。
鹿児島中央駅から一人 バスに揺られて知覧行きました。
変わり者です私w
趣味が多すぎて 何でも知りたいってなっちゃうので時間足りなくなっちゃうのですよね… アホです。

安いでしょ~!まだあったのですが ガラスが薄くて諦めました…
アンティーク屋さん巡りがしたい~!
2015-07-05 18:17 : ギズモ URL : 編集
No title
こんばんは~

私は飛行機というより空港が大好きで、
ずっと空港で働きたいって思ってました。
結局、かなわなかったけど。

アンティークには手をださない私ですが、
このグラスは琴線に触れる美しさが!

大正時代の洋館のテーブルに置くような
こういう雰囲気のグラスって、あこがれます
2015-07-05 21:34 : willa URL : 編集
willaさんへ
willaさん こんばんは^^

ええぇ GSですか?全然職種違いますね…
いや 今のお仕事の方が大変だと思いますが。

大正時代 あっw
これですね 足の長いタイプとか3種類ぐらいあったのですよ
1番割れにくそうなもの選んできたのですが… 欲しかったな

あっ 車で行ける範囲に 明治村 大正村 昭和村があるわ!
おはぎ誘って ぶふふ

こんな記事にコメントありがとうございましたw
2015-07-05 23:35 : ギズモ URL : 編集
No title
ギズモさん、こんにちは♪(ノ´▽`)ノ
おお、アメリカ側からみたWW2の展示!
これ、また違った意味で興味深い展示ですよね。
「武運長久」の文字に、私は思わずじーんと
きております(*TーT)b

そして、アンティークの美しいグラスたち…!!
なんという美しさ!!
私、昔アメリカに住んでいたのですが、こんな
素敵なの一切見つけられず(;・∀・)
もうほんと、さすがギズモさんだな、と、思わずには
いられません~!!(*´д`*)

応援! ヽ(*・∀・)人(・∀・*)ノ
2015-07-06 15:56 : 晴子 URL : 編集
No title
こんばんは。
わあ〜・ギズモさんの魅力は計り知れませんねえ!
一番の目的はこの博物館だったのですね。
よかったですね〜!!!

シアトルへ行かれたのだと知り、今日は楽しみにして伺いました。

昔々、学生時代にシアトルでの一ヶ月程のホームステイを申し込んだのですが、応募者が少な過ぎたという理由で中止になったのです。今だったら考えられないですよね。
雨の多い街だと聞いてますが、お天気には恵まれましたか?

2015-07-06 22:14 : un giorno URL : 編集
No title
ギズモさん、こんにちは

コンコルド

その姿、秀逸なデザインですよね

貴重な内部、写真で観る事が出来て、嬉しいです^^
2015-07-07 09:17 : 高兄 URL : 編集
晴子さんへ
晴子さん こんにちは^^

すみません WW2とマニアックで…
武運長久の日の丸 知覧に行った時にも 戦後生まれのおじいちゃん達(団体旅行)が 「こんなの貰っても何の役にもたたねえのにな」と 大笑いしていて なぜかどこでもまともに見れないという… とっても奥が深いものだと思うのです。

晴子さん アメリカにも住んでらしたのですか!!
色々な思い出がありそうですね^^
アンティークは出会ったときにしか買えませんものね
スパイスボトルは今日入荷したんだよ!とおじいちゃんにニコニコされちゃいました^^

コメントありがとうございました^^
2015-07-07 10:44 : ギズモ URL : 編集
un giornoさんへ
un giornoさん こんにちは^^

ただの多趣味です…
私の本棚は人には見せれません… あっおはぎは知ってるけどw

シアトル坂の多い街でした。
人はアメリカ人には珍しく とても優しい人達ばかりで驚きました!本当にびっくりしました。
雨は全然 晴れて暑いくらいで
素敵な街でした^^
昔はホームステイ 子供の団体だったのですよね 携帯電話もネットもない時代だったから不便だったのでしょうね
2015-07-07 10:53 : ギズモ URL : 編集
高兄さんへ
高兄さん こんにちは^^

コンコルド20機しか製造されていないのですね!
1機は墜落してしまったので数少ないのかぁ

知らずに見学したのでしまった…w
フランス イギリスの空港にはポンと置いてあったので、
どこでも見れると思ってました…
内部は貴重なのですね… アホですね私
2015-07-07 11:05 : ギズモ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Profile

Author:ギズモ&おはぎ


時々営業中の写真館
まだまだ見習い中なカメラ好きな
ギズモとおはぎです





Ranking